山武市井之内、九十九里浜近くの
ガラス工房「硝子屋 PRATO PINO」さんへ行ってきました。




本当に海に近いこの場所。
風に乗って潮の香りがしてきます。
あいにく伺った日は雨が降っていて
肌寒かったのですが、工房内に入ると
赤々と燃えている炉のおかげで暖房を
入れているかのような暖かさ。
それもそのはず、炉の温度はナンと1100℃!!



夏はものすごい暑さになるそうです。
ご夫婦で制作されているのですが、
お二人ともスラッと細身なのも納得です。

体験教室も行っているそうなので、
世界にひとつしかないオリジナルの
ペーパーウエイト、グラス、花器などを
つくってみてはいかがですか?

また、工房に併設された
ギャラリー&ショップには
ご夫婦が制作した吹きガラスの作品が並びます。




薄くて洗練されたフォルムの食器や
水を入れるだけでキラキラ光って
氷が入っているように見えるグラスなど
どれも欲しくなるものばかり。






食器だけでなく
ウサギやヘビなどの干支、
端午の節句用の兜なども
ガラスでつくられていました。
おしゃれですねー。




個人的には枝を差すと
林檎に見える花器と
泡がきめ細かく注げるビアグラスがお気に入りです。





次は奥さんと体験教室に来てみようと
思ったRMRZでした。



■硝子屋 PRATO PINO
住所:〒289-1304 千葉県山武市井之内2698-2
gallery&shop:11:00〜17:00
定休日:不定休のため要確認
TEL:0475-84-3951
案内図

※この記事内容は投稿時のデータであり、現在の情報とは異なる場合があります。