RMRZさんと仕事後に必勝軒に行ってきました。
場所は津田沼駅南口から5分程度です。
夜の時間帯は月曜日のみの営業だったように記憶していたのですが、
現在は月・水・金曜日に夜の時間帯の営業をされているんですね。
(5月12日から期間限定で土曜日の夜も営業されているようです。)
しばらくご無沙汰していましたし、これは嬉しい発見になりました。






津田沼駅周辺には以前ご紹介した、
なりたけ九十九とんこつラーメンなどの行列の出来る人気店がありますが、
必勝軒も土曜日の昼などは、それこそ地獄のような行列を作っている千葉屈指の人気店です。
運良く、この日は2、3人が待っているのみでした。
店主さんが、近くの席に座っていた常連さんらしきお客さんとの会話で
「土曜日の昼にお客さんが集中しているので、夜がおすすめですよ」
というような事を話されていました。

店内は厨房を囲むようにあるL字のカウンターのみ。
注文は外で並んでいる際に聞かれます。
並ばずに入れた事がないので、並ばなかった場合はわかりません(笑)。





ラーメン(750円)はデフォルトが2玉(260g)なので
かなりのボリュームです。これだけの量で750円は
コストパフォーマンスが高いと言っても良いのではないでしょうか?
さらにもっと食べたい方は替え玉が注文出来ます。

また、こちらのお店は曜日によってスープの味を変えています。
・月曜日 バランススープ
・火曜日 バランススープ
・水曜日 濃厚鶏豚スープ
・木曜日 濃厚魚介スープ
・金曜日 魚介系強調スープ
・土曜日(祝日) オールマイティスープ

「バランススープ」というのが必勝軒の基本の味となっており、
豚、鶏、魚介などの旨みをバランス良く配合したスープです。
この日は魚介系の素材を強調した「魚介系強調スープ」の日でした。

また、麺はコシがあってシコシコしていて、噛むとプチッとした食感が特徴。
店員さん曰く、
「一週間寝かせた麺だからこの食感になるんです。」
との事でした。
確かにこの独特の食感は必勝軒でなければ味わえません。



ちなみにもりそばの麺は「打ち立て」だそうです。
もりそばはRMRZさんが食べていました。

上記のようにご無沙汰していたのですが、
久しぶりに食べた必勝軒のラーメンはとても美味しかったです。

最近ではバランス系という言葉もよく聞くようになり、
豚、鶏、魚介などをミックスしたスープのラーメンも増えましたが、
今もそれらのラーメンの指標となるハイレベルな一杯だと思いました。

ウォーターメロンマンでした。
■必勝軒
住所:習志野市津田沼2-5-9
駐車場:無
営業時間:火〜土曜日/11:00〜15:00、月・水・金/18:30〜21:30
TEL:047-474-8283
案内図

※この記事内容は投稿時のデータであり、現在の情報とは異なる場合があります。